ガンバレ!広島西ブログ

ガンバレ!広島西ブログ一覧

2021.11.25

2021広島東洋カープ杯 中国連盟秋季大会決勝~流れは離してはいけない~

 11月7日 瀬野川公園球場第3試合で、キリンレモン杯・選抜予選決勝に続き今シーズン3度目の安芸リトルさんとの決勝戦、キリンレモン杯ではチャンスは

作るものの活かせず、選抜予選では守備の乱れから流れを渡してしまい、いずれも敗戦となり、いままでの悔しさと、今度こそを胸にみたび相まみえた決勝に

西リトルの選手が臨みました。

        

        

両エースの先発で始まり、先行の西は3者凡退に抑えられ、裏の守りでは守備のミスで1点を許す立ち上がり。2回の攻撃は、相手のミスからノーアウト3塁のチャンス

 

 

 

 

しかし相手内野手の好守備にあい点に繋がらず3回に相手のミスから足も絡め同点に、しかしその裏長打も絡められ3-1となり、4回の攻撃ではランナーを出すも後続が打ち取られ3-1で迎えた4回裏、守備のミスからツーアウト2塁のピンチも後続を三振に打ち取り凌ぐ緊迫した接戦が続き、5回表には先頭が出塁、バントでスコアリングポジションにランナー進めるもここで流れを渡さない相手は外野手のファインプレーで同点を許さず、最終回も西の選手は粘りを見せるもののあと1点が遠く2-3で敗れ準優勝となりました。

今回3度目の対戦で、今まで掴めなかった流れを何度かものにしたものの相手はその都度好守備で完全には渡してくれずあと1歩のところでした。

今シーズンも残すは来月の卒団大会となりましたが、特に最後となる6年生はリトル生活の集大成を最後の大会で発揮できるよう、今までの経験を活かして

欲しいと思います。

2021.11.24

《マイナー通信2021 vol.7》 2021 広島東洋カープ杯

2021年広島東洋カープ杯が開催されました
コロナ渦の中 子供たちに野球をさせて頂けて心より感謝致します ありがとうございます。

広島西リトルリーグ マイナーとして最後の公式戦になります

試合前 監督コーチと約束しました

1塁まで全力で走ること

声をかけあうこと

ミスをしても助け合うこと

全力プレーで戦うこと

4年生にとっては最後のマイナー公式戦です

これが最後の2021年マイナーチームです


予選を勝ち上がった 広島西リトルマイナーは準決勝で 安芸Kさんと対戦しました

初回 1回表 相手打線のヒットや 守備の乱れから失点し ピンチの連続でしたが 最後は好プレーが飛び出しダブルプレーでなんとか3点で凌ぎました

1回裏 なんとか同点に追いつきたい広島西

四球を選んだり 打線が繋がり  3-3の同点に

2回表

広島安芸Kさんの打線が止まらず… 広島西の守備ミスもあり 

必死で守っても守っても

あと1つのアウトが中々取れず   一挙4失点…

けど誰一人諦めていません

3回は0で抑え 広島西は2回 3回と0点

必死でくらいつこうとしますが 相手投手が良いので中々打ち崩せません

4回に1失点し  

3-8

点差が開いてしまいました

4回攻撃前

監督コーチから 広島西も上位打線に入る 相手投手も球数が増えてきた

ここで絶対点とるぞ! 「おぉ!」 士気があがりました

出塁し 足で隙をつき 長打が飛び出し

なんとか2点取り返しました

5-8  三点差

 

 

ミスをしてもみんなでカバーし

1塁まで全力で走り

声をかけあい

必死でプレーしました

5回 広島西の投手が球数制限で変わり 投手交代  5回を二人で0に抑え

6回もゼロで抑え 

迎えた最終回の攻撃  点差は3点差

相手投手も球数で変わり 広島西の打線は上位打線

逆転するにはここしかない  必死でした。

 

 

 打線が繋がり

必死でもぎとった 2点

あと1点でゲームセット… 

7-8 あと1点… が届きませんでした…

マイナー公式戦 最後となる 4年生の雄姿 とてもカッコ良かったです みんな必死で頑張りました  すごくカッコイイです

最高の仲間と野球が出来たこと

最高の監督コーチと野球が出来たこと

僕たちの誇りです

試合後みんなで泣きました

 

 

「勝たせてやれなくてごめんな…」

 

 

と監督コーチから言われた選手達は さらに泣き崩れました

もっと野球がしたかった

監督コーチとまだ戦いたかった

この仲間とまだ戦いたかった

辛いことも悲しいこともありました 一緒に野球が出来て 最高でした

悔しさに情熱が勝て!

4年生はこの悔しさを胸にメジャーで頑張ろう

3年生以下は来年 2021年の4年生の分のリベンジをしてください  届かなかった あと1点を 来年はもぎとってください

ありがとうございます。

2021.11.23

2021年度広島東洋カープ杯 中国連盟秋季大会~準決勝~

2021年度広島東洋カープ杯中国連盟秋季大会 準決勝・決勝が、11月7日瀬野川公園野球場で開催されました

我々広島西リトルリーグは、N・Wの2チームとも前週の1回戦を勝ち抜き準決勝の舞台へ

対戦相手はこちらも2チームともに勝ち上がってきた安芸リトルリーグさん、まずはWチームが先陣切って、安芸Aチームと

1回の相手の攻撃を何とか凌ぎましたが、2回裏に長打もあり先制を許し、そのあとは守備の乱れを突かれ7点を奪われる苦しい展開

3回裏にも、浮足立つ守備をバント等で乱されさらに7点を奪われ、攻撃も相手ピッチャーに完全に抑えられ0-14にて4回コールド負けとなりました

                             

        

        

    

    

                      続いてNチームが安芸Kチームとの準決勝へ 

             

こちらも1回の守備は先発投手が3者凡退に抑えナイスピッチィングの立ち上がり、その裏の攻撃ではセーフティバントから相手のミスもあり4点を幸先よく先制

     

   

その後も先発投手が要所を抑えるピッチィングで0点に抑え、守ってもピンチの場面でダブルプレーもとり、また場面場面でどう守るか声の掛け合いができ

    

こちらは5回8-0でコールド勝ちし、決勝へコマを進めることができました。

対照的な2試合でしたが、自分たちでどうするのか考え、勝ち上がったNチームに、今年度すべての大会で決勝を戦い、すべて涙をのんだ安芸リトルさんと三度目の

決勝に練習の成果と選手の成長を期待したいと思います。・・・続く

2021.11.06

卒団生来訪

 本日2015年卒団生(38期生)で現在愛媛マンダリンパイレーツに所属している、西原凜選手が、貴重な休暇の合間を縫って西グラウンドに顔を見せてくれました

聞くと卒団以来の訪問で、懐かしく在団生たちの練習を温かい眼差しで眺めてくれました。選手たちも西原選手のように、大きな体で、将来活躍してくれることを願いたいと思います。西原選手ありがとうございました

        

2021.11.06

東洋カープ杯 中国連盟大会 Nチーム

 Wチームの勢いそのままに、日没も気にしながら第4試合にNチームが登場、相手は広島北・佐伯連合さん

                

    

初回から先発投手がナイスピッチング、守備からリズムを作り、1回裏の攻撃は6年生の走者一掃の三塁打も含め、8人が繋がり4点先制と幸先の良いスタート

        

      

              

2回のピンチは3者連続三振で後続を断ち、3回の攻撃は下位打線が繋がり4点を追加、結果は8-0でコールド勝ち

       

  

                 

           

コツコツ繋ぎ、守備でもミスなく、今年の西リトルらしい試合だったと思います

これでW・N両チームとも来週の準決勝進出、今日のような守備からリズムを作り、コツコツ繋いで準決勝・決勝も泥臭く勝利を掴みとろう。

             

                    顔晴れ西リトル

2021.11.04

広島東洋カープ杯 中国連盟秋季大会

         昨年はコロナ禍の影響で、由宇球場で開催できなかった広島東洋カープ杯が開催されました。

              

    

開催に当たり共催頂いた(株)東洋カープ様、サンケイスポーツ様、後援頂いた広島市・広島市教育委員会関係者の皆様

プロの選手も使用するグラウンドで、子供たちがプレーできる事、心より感謝申し上げます。また主管を務めて頂いた山口東リーグ関係者の皆様ありがとうございました。

             われわれ広島西リトルは、N(nishi)W(west)の2チームエントリー              

    

         まずはWチームが南リトルさんとの1回戦。先発バッテリーは公式戦ともに初のスタメンでしたが、

             

             

             

                      攻撃が初回から打者一巡の援護射撃で4点を先制

                             

                   

                           

                  

                         

                  

                  

           守っても、4年生が好守備で盛り上げましたが、途中連携の乱れから5回に3点奪われるも

            ガッツあふれるプレーも飛び出し、6-3で勝利、続くNチームに勢いをつけました

                        

                  

                        

            

                    また新しく加わった仲間も、無事デビューを果たしました

              

               

  

 

2021.11.01

JA共済杯 全国選抜リトルリーグ野球中国連盟特別大会 ~決勝 分岐点~

 間が空いてしまいましたが、10月9日10日に、選抜大会中国連盟特別大会の準決勝、決勝が行われました。

西リトルは、前週の1.2回戦を突破し、準決勝では安芸リトルさんと対戦初回2点先制するも1.2回に1点ずつ返され

3回に一挙4点を追加するもその裏再び4点返されまた同点となるシーソーゲーム展開も4回に3点を奪われ、

何度も練習試合を重ね、またマイナー時代から死闘を繰り広げたライバルチームに押し切られ6-9で敗戦となりましたが

翌日の敗者復活トーナメントで勝てば、再度安芸リトルさんと決勝のチャンスあり

   

 

 

           

   山口東リトルさんとの敗者復活トーナメントの決勝戦は、慣れないサウスポーに苦戦しましたが、打線がつながり

   9-1で勝利し、決勝戦で再び安芸リトルさんとの決勝戦へ

              

            

           

           両先発の息詰まる投手戦が続き、見守るベンチからも緊張が伝わる真剣勝負  

                 

                 

           

   しかしこのような展開はミスから崩れるもので、守備のミスを相手は逃さず、ついに4回に均衡は破れ、

   その後も攻撃の手を緩めず追加点を取られ7-0で完敗

           

       前の大会でも決勝で安芸さんには破れており、この悔しさを忘れず、残りの大会で今日それぞれの課題を克服し、   

       この試合が一皮むけた分岐点となるよう        練習あるのみ。頑張れ西リトル!!

2021.10.11

《マイナー通信2021 vol.6》 広島安芸さんと合同練習編

緊急事態宣言も明けましたので 久しぶりの更新となります   

広島西リトルは感染対策を行いながら活動再開です。野球が出来る喜びを感じながらボールを追いかけます

10月9日 広島西マイナーチームは、安芸グラウンドをお借りし合同練習をしました。グラウンドを使わせて頂きありがとうございます。

キャッチボール相手は広島西マイナー選手と安芸マイナー選手とやらせてもらい 普段とは違う相手に最初は少し緊張気味でした。

3.4年チームと 3年生と低学年チームにわかれて練習をさせて頂きました

普段ついている守備に付き 安芸のコーチにノックと指導をしてもらい、普段気づけなかったこと 足りないことを再確認しました

ランナー付きノックでは安芸の選手の堅実な守備 鉄壁の守備をグラウンドで体感出来た選手は何よりも刺激を受けたようです

3年生と低学年チームは なによりも野球の楽しさを感じさせてもらい めーいっぱい楽しみました

待ちにまった昼食後

2チームに別れ バッティングチームと守備チームにわかれて練習しました

安芸のコーチにバッティングピッチャーをして頂きました。

 「どーん」とフルスイングをする安芸の選手に少し圧倒されましたが広島西の選手も負けずにバットを振っていました。

一人一人丁寧に普段教えて頂けないコーチに指導してもらい 打席に立ちました

そのあと 紅白戦を行いました

今日教えてもらった守備 送球 バッティングを出しきり楽しみました

最後は グラウンド2周走る地獄のリレーをして 楽しみました

へとへとになりましたが 緊急事態宣言明けにこんな楽しい練習をさせて頂き 選手もスタッフも保護者も大満足な一日でした。

ボールを捕って 投げて 打って 走って それを追いかける仲間がいるって本当に素晴らしいと思いました

次の日の10月10日  広島西グラウンドに安芸さんに来て頂き 2日連続の合同練習です

二日間練習を一緒にさせてもらったので さすが選手達 お互いの名前で呼び合う姿もみられ すっかり打ち解けていました

アップ後

3年生と低学年チームはキャッチボールの後 ゴロ捕球の練習をし

広島西選手は中々普段しない 外野ノックに挑戦しました 上手に捕ったりもしました 捕球ミスもありましたが指導して頂けました。 なにより 捕れる打球を弱気になり ワンバン捕球は怒られました(笑) 逃げる気持ち弱気な気持ちは厳しく指導して頂きました なによりも 楽しく外野フライの練習をつけて頂きました

3.4年チームは今日も普段ついてる守備に付き 守備練習 

ランナー付きノックをして頂き いろんなことを学べました

待ちに待った昼食後

3年生と低学年チームも3.4年生チームもバッティングと守備練習に入り 本日も安芸選手のフルスイングに圧倒されましたが広島西選手も一生懸命くらいつきました。

最後は紅白戦をして 野球を楽しみました。

2日間 一緒に練習をして頂いた 安芸選手の皆さん  指導を付けて頂いたスタッフの皆さん 準備や送迎 応援 そしてコロナ渦の中 感染対策などもを手伝って頂いた保護者の皆さん ありがとうございます。

ウィルソンカップではお互い全力プレーで戦おうと誓いあいました。

ありがとうございました。

2021.10.04

JA共済杯 全国選抜リトルリーグ野球 中国連盟特別大会

 緊急事態宣言が解除され、ブログの更新も久しぶりになりますが、10月3日に全国選抜 中国連盟特別大会が、

 瀬野川公園野球場で開催されました。

         

 残念ながら全国大会はコロナ禍のため中止ですが、中国連盟関係者の皆様の尽力により、大会が開催されましたこと、

 改めて感謝いたします。

  

 我ら西リトル選手は、大会一日目第二試合で、山口東リーグさんと初戦を戦いました。

     

             

 先発投手がランナーを一人出すだけの完璧なピッチング、また攻撃面では、バント、盗塁と小技も冴え、終わってみれば

 13-0のコールド勝ちで、順当な滑り出し。

           

 勝利の後も次に向けしっかりと振り返りを行い、 第4試合で南リーグさんとの2回戦へ。

      

 結果は初回にキャッチャーのランニングホームランもあり5点を先制、続く2回にも5番バッターのランニングホームランで

 4点を追加。その後はじわじわと追い上げられるも、5人の継投で12-6で勝利し、週末の準決勝へ進出しました。

       

                

 今年のチームは、長打が少ない中、今回の試合の様な送りバントや走塁で確実に1点を取り、守りでは中継プレーや連携を 

 しっかり行い、1点を取られない野球を徹底して、週末の試合も今年のチームらしい姿を見せて欲しいものです。

   

2021.07.25

全日日記~長野で学んだことを~

文部科学大臣杯JA共済トーナメント第55回全日本リトルリーグ野球選手権大会に行ってきました。

まずはじめにこの様な状況の中、大会を開催して頂いた、主催の日本リトルリーグ野球協会、主管のリトルリーグ信越連盟の関係者の方々には

選手に代わり厚く御礼申し上げます。

              

                        初戦は上田城跡公園野球場、自然に囲まれた黒土の球場でした

        

               

                   この様な状況の中、大会関係者の皆様が感染対策もしっかりと行って頂きました。

              

                                われわれ広島西リトルの選手も、検温を行い、いざ球場へ

  

        

                     

                                  4年ぶりの全国大会初戦は、東海第一代表の浜松リトルさんと

                          

初回先頭バッターが出塁した後、2番バッターの長打で先制、2点を先行する、幸先の良いスタートを切ることができましたが、やはりここは全国の舞台、相手強打者のホームランで直ぐに同点となる展開、その後もいつもの繋ぐ野球をさせてもらえず、3回に再び1回に続き、ホームランで2-4。そのまま最後まで流れを掴むことができず、残念ながら1回戦敗退となりました。

                   

あの一球が、あの一打がと思うと、上に行けばいくほど1球1球の大切さを改めて考えさせられる試合だったように思います。しかし選手の皆は、全国の舞台にも臆することなく伸び伸びとプレーしていました。

                         

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

    また地元リーグの皆さんには練習環境を与えて頂いたり、一緒に練習の機会を頂いたりと改めて、

    全国に同じように練習に励み少しでも強くなろうとしているリトルリーグの仲間がいることを再認識しました。

                       

   

そして最後になりますが、ここまで導いてくれた監督、コーチ、選手の皆には改めてありがとうと伝えたいと思います。この長野で感じたこと、考えたことをまた広島に戻ってからも選手一人一人が努力し、来週から始まる大会に一回りも二回りも大きくなった姿を見せてくれることを期待したいと思います。是非来年も、10回目の出場を勝ち取ろう

    

                

カレンダー

«12月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログ内検索

フィード