ガンバレ!広島西ブログ

カテゴリーアーカイブ

2021.02.17

《マイナー通信2021 vol.3》 足にスランプなし編

野球は大きくわけて

投げて 捕って 打って 走る

の4つにわかれると思います

 

今日の練習最後のメニューは「走る」です
すでに最後のメニューとあっていつも元気な選手たち  実はヘトヘトです

元気のガソリンも切れかけています


足にスランプなし
野球界では有名なこの言葉

この子たちがこれから野球をするにあたり 一塁まで全力で走れば今後どれだけのヒットが生まれるのでしょうか
全力で投げ

全力で捕り

全力で打ち

全力で走る
投げたり打ったりは相手がいることもあり 想うような結果が出ないときもあります
しかし 「足」 は自分との戦いの部分の要素が多いです
諦めず全力で走れば 何かが生まれる ときもある
足にスランプなし
これからの野球人生 全力 で全ての力の限りを尽くし 走り切ってほしいです




マイナーは 年長さんから4年生です
全員が2チームに分けてリレーをしました。
バトンの代わりに硬球を使います
さすがは野球少年です

負けず嫌いの集団ですから当然 2チームとも勝ちにいきます
  

  

走る順番を決めます
これすごく大事ですよね


俺が行く
俺が行く
じゃあ俺が行く

どうぞ どうぞ!

順番が決まっていよいよスタートです


コーチが言いました
「負けたチームは グラウンド2万周です」
      「なにぃー」
選手「2万で足りるのか?」←この名言が出た所です

まぁここは安西先生も今日は不在ということで 特別に1万9千9百9十5周を引き

 負けたチームはグラウンド5周になりました

 選手「5周で足りるのか?」←さすがに名言にならず

 

リレースタートです

 

走ります
 


全員が燃えてます

練習最後なので

ガソリンも切れかけてますが 「ダイヤモンド1周分のガソリンがあれば上等だぜ」と 全力で魂とともにエンジン燃やして走ります  燃えてます
 
 
  

 
そして勝敗は僅差で決まりました
 
勝ち負けがある
それがスポーツです
いいリレーを見ました

コーチが言いました「負けたチームはグラウンド2万 いや 5周 走ってこい」
すると一人の選手がこんなこと言いました

  

「負けてラッキー グラウンド走ったら 体力つくから」
 
この言葉に軽く感動しました
 
自分なら 負けて罰ゲームでこんなポジティブ発言出来るでしょうか (言えません)
 

 
負けたチームがグラウンド5周してるとき

勝ったチームは水分とって左うちわか と思いきや
スパイクをアップシューズに履き替え もくもくとグラウンド整備をしてるではありませんか

いつも以上にもくもくと…ピカピカに…

すると勝ったチームの 心の声が聞こえてきました
「あいつらガソリン切れてるのに グラウンド走ってるから 俺たちがお前らの分までグラウンド整備しててやるよ 走り終えてベンチに帰ってきたら水分でもとって少しはゆっくりしろよな グラウンド整備は俺たちに任せとけ」
と。

感動です ドバーです。

 

チームっていいな
野球って素晴らしい
 
 
と思いました
 

そして負けてグラウンドを走り切ってヘトヘトでヘロヘロで戻ってきた選手たちが見たのは
いつもよりも綺麗に整備されてるグラウンド それを見て 負けた選手たちは
「あいつら…俺たちの分まで…グランド整備をしてくれて ありがとう」
とグラウンドに向かって 勝った選手たちに向かって 帽子のツバにそっと左手を添えました


今日のこの光景を見て
「我がゆく道 光なり 我がゆく道 誇りなり」 好きな詩がよぎりました

君たちのこれからの道に光がさし 君たちの道が私たちの誇りです

足にスランプなし これからの野球人生 全力で走ってほしいと願うばかりです


素晴らしいチームです
負けた選手たちは グラウンドを走ることに 体力がつくと言い
勝った選手たちは もくもくとグラウンド整備

どっちも優勝です。ガンバレ広島西リトルリーグ マイナーチーム

広島西リトルでは選手を大募集しています
一緒に笑って一緒に泣いて一緒に成長しましょう
是非一度体験に来て下さい
年長さんから小学校6年生まで 広島西リトルでは君を待っています
野球を通じて心も一緒に成長させましょう♪

hiroshimanishi-little.cloud-line.com/contact/

2021.02.14

《マイナー通信2021 vol.2》 バレンタインデー編

今日はバレンタインデーです。
もちろん チョコよりもボールを追いかける広島西リトルの選手たちです。
   
仕事が忙しく中々練習も見に行けないお母さんがいます、お手伝いにも中々行けないので「選手に何かして喜ぶ顔が見たい」ということで自主的に考えたことだそうです(このお母さんはこの日も仕事で 喜ぶ顔はこのブログで見ます)
  
今の4年生にとってはマイナー最後のバレンタインデーになります
もうこれで最後…寂しいです 4年生選手ありがとう
 
お世話になったし いっぱい教えてくれて 時にはコーチよりも野球を教えてくれた 頼りになる4年生
感謝しかありません
何が喜ぶだろう…
  
現在 空前の鬼滅の刃ブーム
運命の2021年のバレンタインデー
頭によぎったのは アレです アレ
チョコといえば やっぱ今は鬼滅のアレでしょ
  
けど
スーパーに行くも もちろん売ってません
コンビニ行っても もちろん売ってません
というか売ってる所見たことありません(笑)
じゃあ 鬼滅じゃなくても 普通のチョコでいいんじゃ?
  
すると「逃げちゃダメだ 逃げちゃダメだ 逃げちゃダメだ」という言葉が頭をよぎったそうです
練習後 喜ぶであろう選手の顔
 
「お前何でた?」「俺は○○が出た」「交換してや」「やったーぜ」という言葉を想像したそうです
「逃げちゃダメだ」
   
とあるサイト覗くと 鬼滅の刃マン 売ってる! が… 「ちょちょちょ…」という感じで ブルブルブル手が震えたそうです
カクカクカクカク 手が震えて カクカクしすぎて震えた手が思わず ガクガクガクガク ブルブルブルブル カクカクカクカク 「ポチっ
「ギャー」 買っちゃった 「燃え尽きた」 心を燃やせじゃなく ○が燃え尽きました(笑)
   
カクカクカクと震えてポチった結果も
我が選んだ道に悔いは無し! がよぎったそうです
ただただ喜ぶ選手達の顔を想像したそうです
  
これはいつも思うのですが 何かしてあげたいという想い
 無償の愛 ガンバレという想い
  私が好きな歌のこんな歌詞の一章節がよぎりました 
まさにこんな気持ちなのではないでしょうか 
  
立ち向かう者たちの背を押す風でいたい
  
という歌詞です  
  
私たち(監督、コーチ、事務局、役員、保護者 後方支援の全て)は背を押す風でいいのです
主役は選手なのです!
その背中を押せる風でありたい 私たちはそんな風なのです
チョコを見て この歌詞が頭をよぎりました
選手達は全員 日々 歌詞のような「風」に押され 頑張ってるのであります
「愛」を わざとテントの下にデーーーンと置きました
休憩中の選手達はチラっと見ます
  
チラっと見ても エラーはしません(きっと)
チラっと見ても 見逃しの三振もしません(たぶん)
  
「え? 今日 練習頑張ったら チョコあるんじゃね?」
  
が選手たちの頭をよぎったことでしょう
いつもより張り切って練習してくれたらそれで良しなのです
 そりゃあいつもよりも 追いかけますよ チョコを (←間違えました)  いえボールを!ボールです!ボールに決まってます
  
実は
鬼滅チョコ以外にも選手たちはたくさんチョコをもらいました
  
かわいいかわいい 女の子からのチョコ なんてかわいいんでしょう  
別のお母さんからチョコ ありがとうございます。 愛です
もちろん 同じ気持ちです
愛です
同じ愛なのです  
「立ち向かう者たちの背を押す風でいたい」
そんな気持ちです
    
練習後
お礼を言いました
「ありがとうございます。」という感謝の気持ち
広島西リトルの選手はこの気持ちを常に持っています

いつもは小さい子からおやつを取るのですが 今日は4年生から取りました

もうすぐ4年生はマイナーからメジャーへ行きます

4年生の最後のバレンタインデーなのです

「立ち向かう四年生たちの背を押す風でいたい」という感じでしょうか

みんなおおはしゃぎ

大喜び

シールで興奮

みんなで見せ合って 大満足なバレンタインデーでした

練習後に食べるおやつは美味しいです
お祭りで食べる 焼きそば みたいな感じ?(笑)ですかね
   
いつか 4年生の選手たちがこのブログを見て「あぁこんなこともあったな」と思ってくれたら うれしいな
ありがとうございます。
いつか4年生たちが あの時の いろんな「風」たち に守られてたから    俺がんばれてたんだな って思ってくれたらうれしいな
  
  
広島西リトルでは選手を大募集しています
一緒に笑って一緒に泣いて一緒に成長しましょう
是非一度体験に来て下さい
年長さんから小学校6年生まで 広島西リトルでは君を待っています
野球を通じて心も一緒に成長させましょう♪

hiroshimanishi-little.cloud-line.com/contact/

2021.02.02

《マイナー通信2021 vol.1》 諦めることは諦めた編

コロナウイルス感染拡大のため 時間短縮の練習中の広島西リトルです。
時間短縮だかたこそ 集中して内容の鯉~濃~ぃ練習が求められます。
4年生は紅白戦へ
3年生以下はボール回しの練習です。
コーチから 「目標タイムと目標数 これをクリアしないと バッティング練習はさせません!」と言われました。
選手たちは「余裕~」 
しかし
タイムがあるから 焦る 焦ったらボールを掴めない 掴めないから悪送球 捕球も焦る
ミスがミスを呼び いつしか自分を責め 捕れない選手に思いやりの無いプレーも見受けられました
続かない…
はがゆい…
悔しい…
なぜ…どうして…

倒れこむ選手達
このまま出来ないのか… やれないのか 西リトルマイナー3年生以下選手たちよ

集中力の切れた選手たちをコーチが呼びよせました
「焦る気持ちはわかる
キャッチボールの延長線上にあるだけ どう投げれば捕りやすいか考えろ
捕球も最後までボールから目を逸らすな
お前たちならやれる! やれないことをやれとは言わない やれるからやれ!」 
選手たち「オオー」
それからも何度も何度も
目標数に惜しい所まで行くけど…続かない…
目標数に近づくと緊張してしまう 緊張してミス
惜しいとこまでは何度も行くけどやっぱり続かない…
コーチが言いました「バッティング練習出来ないから 惜しい所までいったから もう今ので いいか?」
捕手の選手が言いました「嫌です! 最後までやりたいです!」
ここで諦めたら いつか大事な時に諦めてしまうかもしれない
諦めることは諦めました
自分を責めてた
捕れない相手を責めてた選手たちから いつしか思いやりが生まれました
ミスしても「いいよいいよ 次は捕れるよ」
いい送球したら「ナイス送球」
難しい捕球したら「ナイスキャッチ」
悪球なげた選手には「次はちゃんと投げようね」
気持ちが一つになりました 冬の日差しよりもあったかく やさしい気持ちになりました
この選手にはどこに投げればいいのか?
どうすれば捕りやすいか?考えるようになりました
「いいぞいいぞ」
「ナイスキャッチ」
「ナイスプレー」
こんな言葉が飛び交い 目標数が近づく
コーチも見守ってる保護者たちも選手も気持ちが一つになりました
どんどん目標数が近づく
西の呼吸  1の型
全集中
俺は俺の責務を全うする!
心を燃やせ!
そしてみんなの気持ちが一つになり  全集中で 目標数達成!
やったー やったー  みんなでグラブタッチ
少年野球って素晴らしい!
広島西リトルでは選手を大募集しています
僕たちと一緒に野球しませんか?
是非一度体験に来て下さい
広島西リトルリーグは君を待っています
野球を通じて一緒に心を成長させましょう♪

カレンダー

«1月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

ブログ内検索

フィード